ワクチン生産ライン

​Medical skin care system
エピジェネティクス スキンケア

SnapCrab_NoName_2022-9-16_21-7-14_No-00.png
サイエンスラボ
顕微鏡

エピジェネティクスとは、DNAの配列変化によらない遺伝子発現を制御・伝達するシステムおよびその学術分野のことです。

判りやすく説明すると… 私たちの細胞(遺伝子)はDNAで記録され、その記録がそれぞれの方の遺伝子情報となります。その最初の情報が受精卵です。

ところが、加齢、食事、大気汚染、喫煙、ストレスなどの環境要因によって、遺伝子が大きく変化(損傷)してしまうのです。

それらの遺伝子を受精卵の状態に戻せば万能細胞を作り出すことが可能で、これを応用して作られるのが、ES細胞やiPS細胞です。

これらの技術を駆使して、がん治療や再生医療に役立てようというのがエピジェネティクスの研究分野です。

エピジェネティクスのスキンケア応用に成功

LIVIUS PTE. LTDは長年の研究の中で、肌リズムを整えるために、エピジェネティクスの理論が大きく作用していることを発見しました。

この研究を化粧品に応用する試みは様々なところで活発になってきていますが、オリジナル技術で肌本来の力を導き出すメソッドを考案し、安定して化粧品として使える状態にすることに成功しました。

コア技術を活かしながら、「細胞リプログラミング技術」から見いだされた特定のmi-RNAの機能をベースにした技術が「Rejuveセラム」です。

顔に手を持つ女性
SnapCrab_NoName_2022-9-25_7-18-1_No-00.png

細胞リプログラミング技術とは、特定のmiRNAを癌細胞に投与したところ癌が脱癌化し、間葉系幹細胞や多機能細胞に転換した、という大きな発見に基づきます。
多機能細胞は様々な技術で「作る」ことを研究している機関が多いですが、私たちの研究は既存の細胞が「転換する」という発見でした。
そして、これはすなわち既存の細胞が生まれたての細胞に「若返った」という見方ができるわけです。
その偉大な発見と技術は今後様々な医療分野への応用が期待されるところですが「若返り」という側面から化粧品として製品化したのが「VOAZ」です。

SnapCrab_NoName_2022-9-16_21-25-23_No-00.png
14.png
SnapCrab_NoName_2022-9-25_8-9-53_No-00.png
SnapCrab_NoName_2022-9-25_8-10-18_No-00.png
13.png